アラフォー 不妊

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

顕微授精の費用や気になる確率の色々

読了までの目安時間:約 6分
スポンサーリンク



体外受精では受精しなかったり、男性不妊で精子に問題がある場合には、顕微授精を行います。

 

 

顕微授精の治療を受ける前に気になる費用や確率のことについて
お話していこうと思います。

 

スポンサーリンク



顕微授精ってどのくらいの費用がかかる?

 

 

 

 

 

体外受精でも1回あたり30万円以上はかかりますよね。
それが、さらに上の顕微授精となると、いったいどのくらいのお金がかかるのか、
とても不安だと思います。

 

 

 

私が地元の総合病院で最初に行った顕微授精のときには、体外受精の費用プラス10万円だったように記憶しています。

 

 

今通っている不妊治療の専門病院の治療費を調べてみたのですが、体外受精と顕微授精の費用差額は3万円から5万円でした。

 

 

ネットで調べてもだいたい3万円プラスくらいの病院が多いみたいですね
とすると、総合病院での顕微授精がプラス10万円というのは、
ちょっと高すぎるのかもしれません。

 

 

どうしても、元気な精子を1匹選ぶこと、培養士の人が顕微鏡を使って精子を
卵子に注入するという技術的に高度な治療をしているので、体外受精よりも

費用がかかってしまうのは仕方がないですよね。

 

 

 

顕微授精は障害児が産まれる確率が高い
顕微授精は体外受精と違って受精に関して人の手が関与すること、

 

 

そして、直接卵子に穴を開けて精子を入れることから、顕微授精で産まれる子供には障害児が多いという話がよく聞かれますが、

 

 

顕微授精で障害児が産まれる確率は自然妊娠の確率とさほど
変わらないそうですよ。

 

 

 

実際にうちの子供は顕微授精で産まれました。しかも受精してすぐに凍結保存を2ヶ月していました。


スポンサーリンク

 

 

 

それでもどこも問題なく心身ともに健康です。自然妊娠で五体満足で産まれたとしても、途中で病気や事故などで障害を追うことだってありえます。

 

 

 

不妊治療にかぎらず何でもそうですが、リスクってつきものだと思うんですね。
何でも100%安全なことなんてないと思っています。

 

 

 

私は顕微授精のリスクよりも純粋に、子供が欲しい、そのためには顕微授精が必要だから治療をする!そう思って顕微授精を選択しました。

 

 

 

顕微授精でも受精できない場合があります
顕微授精と体外受精の違いは、受精の方法なんですね。
体外受精での受精は自然妊娠と同じで、生命力のある精子が1匹だけ卵子の中に入って受精します。

 

 

 

顕微授精は人が元気のいい精子を1匹選んで、その精子を卵子に注入します。

このように書くと、顕微授精なら確実に受精するだろうと思ってしまいがちなのですが、そうではないんですよね。

 

 

 

私も一番最初に顕微授精したときには、受精できると楽観視していたのですが、
現実は5個とも全部受精しなかったんですね。

 

 

 

あのときのショックは今でも忘れません。顕微授精でも受精できないなんて
考えもしなかったですから・・・・・・

 

 

精子に受精能力が欠けていたり、卵子の質が悪かったりすると受精しないこともあるんです。

 

 

まとめ
顕微授精でも受精しないことがありますが、それでも体外受精では受精しない受精障害の人や、重度の男性不妊の人などは、顕微授精で助けられることが多いと思います。

 

 

 

顕微授精でも受精できないというリスクはありますが、それでも受精できる確率がゼロではなくなりますからね。

 

 

 

我が家も体外受精では全く受精できなかったので、顕微授精でずっと治療をしていますが、ちょっとくらい精子の数が少なくても1匹2匹、採卵できた卵子の数だけ精子がいればいいわけですから、

 

 

 

費用は少し高くなりますし、人の手を介することになりますが、受精しないで悩んでいる方は顕微授精を一度試して見られるといいと思いますよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧