アラフォー 不妊

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

妊娠する前に受けておこう!子宮がん検査

読了までの目安時間:約 4分
スポンサーリンク



不妊症だからと不妊検査や不妊治療をするのもいいのですが、
子宮がん検査もきちんと受けていますか?

 

 

今日は、子宮がん検査を受けましょう!というお話です。

 

スポンサーリンク



子宮がん検査の種類について
子宮がん検査を受けたことがある方はお分かりだと思いますが、おさらいのために
書きますね。

 

 

子宮がん検査には2種類あって、子宮頸がん検査と子宮体がん検査があります。

 

 

ごく一般的な子宮がん検査は子宮頸がん検査の方ですね。
子宮頸がん検査は頸部を綿棒でこすって検査をします。
特に痛みはないことが多いです。

 

 

がん

 

 

子宮体がん検査の場合は、ある程度年齢を重ねた人が受ける検査という印象がありますが、妊娠を考えている人は子宮体がん検査も受けたほうがいいですよ。

 

 

ただし、子宮体がん検査は子宮頸がん検査と違って、子宮の中の細胞をこすりとるので
痛みが多少なりともあります。

 

 

特に出産経験のない人だと痛みが大きいようですね。
また、検査後に少し出血をしたり、お腹の中をいじられるので、違和感を感じる人も
います。


スポンサーリンク

 

 

正直、子宮の中をいじられると気持ちが悪いですが、そこは我慢です。
検査自体はすぐに終わりますよ。

 

 

不妊治療に通っているから検査は受けなくてもいい?
不妊治療で定期的に超音波検査を受けていて、特に医師からは何も言われていないから
子宮がん検査は受けなくてもいいかと考える人がいるかも知れません。

 

 

超音波検査では子宮がんは分かりませんので、子宮がん検査はきちんと受けておきましょうね。

 

 

特に医師からは検査を受けるようにとは言われないかもしれません。
私の通っている病院では、なるべく地元の病院で子宮がん検査を受けるように
薦めていることから、子宮がん検査を促すようなことは言われません。

 

 

積極的に検査を受けてくださいね。

 

 

まとめ
不正出血があったり、生理がおかしかったりと症状が見当たらなくてもやはり1年に1回はきちんと子宮頸がん、子宮体がん検査は受けておいたほうが絶対にいいです!

 

 

妊娠をした場合、妊娠初期の頃には必ず子宮がん検査を受けるのですが、そのときになってもしも子宮がん検査でひっかかって再検査、子宮がんが発見されたなんてことになったら
大変です。

 

 

妊娠する前にガン検査を受けておきましょうね。

100円

スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧