妊娠しやすい季節

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

妊娠しやすい季節があった!?

読了までの目安時間:約 5分
スポンサーリンク



妊娠しやすい季節があると聞いたことはありませんか?

春、秋、自分の誕生月がある季節などなど・・・・・

 

 

今日は妊娠しやすい季節についてのお話です。

 

スポンサーリンク



春が妊娠しやすい!

一般的によく言われているのは、春は妊娠しやすい

季節だということですよね。

 

 

寒い冬はエネルギーを蓄えておいて、春になって

暖かくなると、そのエネルギーを活用して

力がみなぎってくるからだそうですね。

 

 

良い精子が作られる季節は寒い時期なんだそうですよ。

気温が高い季節だと、精子を作る精巣が熱に弱いので

良い精子が作られないそうなんですね。

 

 

女性もあまりに暑いとホルモンのバランスが崩れたりする

そうです。ということで、暖かくなる少しまえの季節に

仲良しをすると妊娠しやすくなる=春に妊娠成立と

なるんでしょうね。

 

 

統計で調べると妊娠が多いのは秋

厚生労働省が過去50年に渡って出生月を調べたところ、

一番多かった季節が夏産まれだということなんですね。

 

 

夏に産まれたということは、妊娠したのは秋ということになります。

統計的に見れば、妊娠しやすい季節は秋ということですよね。

 

 

ここで面白いお話があります。


スポンサーリンク

猿というのは1年に1回だけ発情期があるらしいのですが、

その季節が10月から12月の秋から冬にかけてなんですね。

 

 

人間の祖先は猿ですから、上に書いたように過去50年に渡って

調べた結果、妊娠したのが一番多かったのが秋というのは

分かる気がしませんか?

 

 

ただ、実際には妊娠が多い季節と少ない季節では

そこまで大きな差はないそうなんですけどね。

 

 

まとめ

実は私の子供は真夏産まれです。ということは妊娠は秋という

ことになるのですが、実際には10月に採卵をして受精卵を凍結。

その2ヶ月後の12月に凍結胚移植をして妊娠しました。

 

 

その後、二人目の妊娠も2回とも10月と11月の採卵、移植による

妊娠でした。つまりこれも妊娠したのは秋です。

 

 

私だけのことで言えば、厚生労働省が統計をしたのと合致していますよね。

ただ、周りには案外5月産まれが多かったりします。

5月に出産するということは、妊娠は夏です。

 

 

まあ、あくまでも数字的なことなので絶対に夏は妊娠しずらいとか

秋は妊娠できるというお話ではないですけど、小話として

知っておくと面白いですよね。

 

 

ちなみに、不妊とは関係ないのですが、7月や8月産まれの

女の子は生理周期が安定していて健康な子が多いらしいですよ。

うちの子供もズバリ8月産まれです。

 

 

まだまだ生理なんて来ないですが、生理が始まったら

生理周期の安定する女の子になるということでしょうか・・・・

 

 

 

100円

スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧