凍結精子 男の子 女の子

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

凍結した精子を使うと、産まれてくる子の性別はどちらが多い!?

読了までの目安時間:約 5分
スポンサーリンク



私自身が経験し、さらには周りの不妊の友達でも同じだったこと

なのですが、こういう傾向もあるのではと思って、

ちょっと記事にしてみようと思ったことがあります。

 

 

今日は凍結精子のお話です。

 

スポンサーリンク



凍結精子を使うと生まれやすいのは

私はずっと顕微授精をしているのですが、採卵当日に

旦那が仕事で休んでまで病院に行けないという日が

多いので、精子はずっと凍結保存したものを使っています。

 

 

そうして凍結精子を使ってできた子供は女の子でした。

体外受精は男の子ができやすくなるとよく聞くのですが、

うちは女の子でした。まあ、体外じゃなくて顕微でしたけどね。

 

 

そして、私の周りで同じ不妊治療をしている友達も

みな産まれてきたのは女の子だったんですね。

 

 

そこでふと思ったんです。

凍結精子を使うと、女の子が生まれやすいのかもって。

 

 

女の子を作る精子は打たれ強い!?

男の子を作るY精子と女の子を作るX精子。

Y精子は弱くX精子は強いとされています。

 

 

精子を凍結すると、凍結という環境下にさらされ、

さらに使用するときには解凍をするという環境にも

さらされます。

 

 

この劣悪な環境に男の子のY精子は耐えられなくて

死んでしまうので、環境に強い女の子を作るX精子だけが

解凍をしても復活して元気に動いているとも言われています。


スポンサーリンク

 

 

ただし、これはきちんと医学的に証明されていることではないので

絶対というものではないんですよね。

Y精子が弱くてX精子が強いというのは本当のことなんですけどね。

 

だから、女の子が欲しいからといって、費用が余計にかかる精子の

凍結保存を自らすすんでする必要はないと思いますよ。

 

 

まとめ

男の子と女の子の産み分け、限りなく成功に近いなら

産み分けしたいですよね。

 

 

でもそんなことをしたら、人口の男女の比率がおかしくなってしまいますね。

未知の部分は残しておかないといけないのかもしれませんね。

 

 

私の場合は顕微授精なので、どの精子が受精するかというのは

培養士さんにかかっているんですよね。

 

 

だって、顕微する卵の数だけの元気な精子を選べばいいんですし。

仮に培養士さんが他の精子を選んでいたら、結果はまた

違っていたんだなと思うと不思議です。

 

 

人工的な手を加えているんですものね。

顕微鏡でみて、これはY精子、これはX精子って

わかったら面白いですけど、そんなことはないですからね。

 

 

体外受精も顕微授精も出生比率は自然妊娠とかわらないと

聞いたことがあります。

だから、精子を凍結しても男女の比率は半々なんだと思います。

 

 

ただ、私の経験と友達の例だけで考えると

圧倒的に凍結精子でできた子は女の子だったなという

お話でした。

 

 

何度も言いますが、医学的に証明されていることでは

ないですからね!


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧