アラフォー 不妊

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

私ってもしかして不妊症?不妊症の定義について

読了までの目安時間:約 4分
スポンサーリンク



結婚して、普通に夫婦生活を持っていても、なかなか妊娠しないと
「もしかして、私って不妊?」って思ってしまいますよね。

スポンサーリンク



特に、30代後半から40代にかけての「アラフォー世代」の方なら
尚更そう感じるかもしれませんね。

 
実際に私はたったの2周期できなかっただけで、「不妊?」って思いましたよ。

まだ30歳だったのに・・・・・・
(ちょっと焦りすぎですね。でも実際に不妊だったのですが)

 

 

不妊症って?

 

WHO(世界保健機構)によると、不妊症とは、
健康な男女が性生活を送っていて、特に避妊をしていないのに、
2年以内に妊娠しない場合

 

を指すそうです。

 

 

生殖能力がある男女が夫婦生活を普通に送っていて、妊娠に至る可能性は、

 

1年以内で80%、2年以内ですと90%の人が妊娠するそうです

 

 

したがって、なかなか妊娠しない不妊症の夫婦は10組に1組は存在していることになりますね。

 

 

不妊症の原因って何?
実際に妊娠をして出産するのは女性だからでしょうか、
どうしても不妊症の原因というと女性側にあると思われがちですが、

 

 

最近は男性側に原因があるケースが増えているんです

 

gennin


スポンサーリンク

 

 

グラフをご覧いただけると分かるとおり、実はひと通り検査をしても

原因がわからない原因不明の不妊症の夫婦も多いんですね。

 

 

不妊症は女性だけの問題ではありません。
夫婦でしっかりと話しあい、協力しあうことが大切です。

 

 

アラフォーと不妊症
それでは、アラフォーの人たちは不妊症とどう向き合っていけばいいのでしょうか。

 

 

女性は35歳を過ぎると、妊娠できる力が毎年3.5%ずつ減少

していくそうです

 

卵子の老化、染色体異常などの不安材料も増えてくることから、

少しでも早く治療を開始したほうがいいと思います。

 

 

自分が不妊だと認めたくない、不妊治療の世界に足をつっこみたくないという
お気持ちもよく分かるのですが、35歳を過ぎた方は1日でも早いほうが
いいにこしたことはありません。

 

 

不妊治療は一般的な治療から、結果が出ないと少しずつステップアップを
していきます。それでもなかなか結果が出ないことも多いです。
気がついたら1年、2年が経っていたということもよくあります。

 

 

年齢的な理由から特に不妊症ではなかったとしても、妊娠率は
若い方に比べると低くなっていますので、

 

1周期、2周期ほど自然で頑張ってみても妊娠しないようであれば、

まずは婦人科外来に行かれて一般的な検査から始められると
良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧