アラフォー 不妊

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

AMH値が低い人は不妊治療を急いだほうがいいです

読了までの目安時間:約 4分
スポンサーリンク



アラフォーのみなさんは、ご自分の卵巣年齢って知っていますか?

 

AMHという数値で分かるそうですよ。

スポンサーリンク



AMHって
AMHとは、AMH抗ミュラー管ホルモンという女性ホルモンのことを言います。

 

 

卵巣の機能や残りの卵胞の数が分かるAMHというものがあります。

 
このAMHの数値が低くなってくると、原始卵胞といって生まれつき卵子にあるこれから育つ卵胞の元となるものの数が残り少なくなってきていることを示します。

 

 

つまりは、卵巣の機能が衰えてきているということになりますし、体外受精や顕微授精で採卵をする場合、採れる卵子があとどれくらいあるのかを表す目安にもなります。

 

 

 

AMH値        卵巣年齢
50pM        25~30歳
40          30~35歳
20          35~40歳
10          40~45歳
5           45~50歳

 

 

 

というのが一応のAMHの基準値ということです。

 

 

AMHが低いと妊娠は不可能?
AMHの数値が低いということは、卵巣に残ってる卵子の数が少なくなってきているというだけで、卵子の質が悪くなってきているわけではないんですね。


スポンサーリンク

 

 

アラフォーの人で病院でAMHを調べたら低くて、どうしようと思っている方が多いようなのですが、卵子の数が少なくても質までは実際に採卵してみないと分からないんですね。

 

 

 

少なくても質の良い卵子があれば、充分に妊娠は可能です。

 

 

AMHが低いと卵が採れない
AMHが低いということは、排卵誘発の刺激にあまり反応をしないということになりますので、採卵しても思ったように卵子が採れないことがあります。

 

 

原始卵胞の数が減ってきているから仕方がないんですよね。
ですので、AMHが低い人は卵子が無くなってしまう前に早めに治療をしたほうがいいんです。

 

 

まとめ
私自身はこのAMHの検査はしたことがないので、自分のAMH値がどのくらいなのか、自分の卵巣機能どのくらいなのか、分からないのですが、

 

 

看護師さんいわく、
年齢の割には卵巣はまだまだ頑張ってくれているとのこと。

 

 

 

実際に誘発剤にもちゃんと反応して卵胞を複数個育ててくれていますし、
成熟卵も採れています。最近では変性卵や空砲はなく、たまーに未熟卵があるくらいです。

 

 

 

AMHが低かったからといって、落胆しないでくださいね。
低い=妊娠できない、ということではないですからね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

タグ :

不妊検査

この記事に関連する記事一覧