男性不妊検査

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

男性不妊検査、検査に関する疑問のあれこれ

読了までの目安時間:約 6分
スポンサーリンク



前回の記事では、女性が受ける一般不妊検査について

書きました。今回はその続きで、男性の不妊検査の内容と、

不妊検査に関する疑問点について説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



男性の不妊検査って何をするの?

 

一般的に、男性の不妊検査は簡単です。

精子を採取して顕微鏡下で検査をします。

 

 

病院から精子を入れる専用の容器をもらって、

自宅で採取して病院に持ち込む場合と、

本人が病院へ行き、病院で採取する場合とがあります。

 

 

一般的な産婦人科での不妊検査ですと、病院で

採取する場合にはトイレで精子を出すようですね。

 

 

実際に私の旦那もトイレで採取してました・・・・・

 

 

不妊治療の専門病院ですと、きちんと採精室というものがあり

その部屋で採取することができます。

 

他のすべての不妊治療専門病院がそうとは限らないかもしれませんが、

私が通っている専門病院の採精室では、アダルトなビデオを見て

採取するらしいのですが、

 

 

そのビデオ(今はDVDですね)はモザイクがない

いわゆる裏ビデオなんだそうです。

 

 

妙にちょっと興奮気味で私にそう報告してくれました、

私の旦那・・・・

 

 

男性の不妊検査はよほど、精液検査の結果が精子が一匹もいないなどの

重症でない限り、精液検査で終わるところが多いと思います。

 

 

我が家も男性不妊の検査は精液検査しかしていません。

 

 

精液検査で分かることは、精子の数、運動率、奇形率です。

 

精子の数が自然妊娠するには少なすぎたり、運動率が極端に

悪かったりすると、最初から人工授精や体外受精の対象になる


スポンサーリンク

場合もあります。

 
男性不妊
 

 

 

不妊検査について教えてください

 

 

 
検査はいつ頃受けにいけばいいですか?
女性の場合、受けられる時期が検査によって違います。

 

ホルモン検査ですと、生理周期3日目くらいに行うことが多いですので、生理中の検査になりますし、卵管造影検査ですと排卵前の生理周期10日前後に行います。

 

フーナーテストも排卵前の検査です。黄体ホルモン検査は排卵後の高温期に入ったところで血液検査をします。

 

最初は問診や内診がありますので、生理が終わったころに初診にかかるのがいいかもしれませんね。ちなみに、男性の精液検査はいつでも検査可能です。

 

 

 
卵管造影検査って痛いですか?
卵管造影検査って痛いってよく聞きますよね。
確かに私が受けたときもちょっとだけ痛かったような記憶がありますが、
私は卵管は通っていたのでさほど苦痛には感じませんでした。

 

ですが、卵管がつまっている人だと痛みを感じるようですね。

でもみなさん受けられている検査ですので、それほど怖がることもないと思いますよ。

 

 

 
検査費用ってどのくらいかかるの?
一般的な不妊検査ですと保険適用になりますので、自己負担は数千円程度の検査が多いです。

 

人工授精以上の高度な不妊治療になると保険がきかないので数千円では済みませんが、検査だけでしたら、それぞれの検査費用は1万円は出ないと思います。

 

すべての検査費用をトータルで見た場合には数万円はかかってきますけどね。検査費用も病院によって異なってきますので、詳細な費用が知りたい場合には直接病院にお問い合わせください。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧