アラフォー 不妊

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

内分泌系ホルモンが足りないと排卵障害を起こします

読了までの目安時間:約 4分
スポンサーリンク



女性ホルモンの分泌がうまくいっていないと
排卵に支障をきたしてしまいます。

 
では、内分泌系ホルモンってどういうホルモンで
どういった仕組みになっているのでしょうか。

スポンサーリンク




内分泌系ホルモンって
内分泌系ホルモンと聞くと
なんだか難しそうに感じますよね。

 

 

女性の生理、排卵、妊娠、出産など
デリケートな体の仕組みをコントロールしている
ホルモンのことを言うんですね。

 

 

この女性ホルモンは時期によって分泌される
ホルモンが違うんです。

 

 

ストレスなどで自律神経が乱れていると
ホルモンの分泌が充分になされなくなってしまい、

 

 

結果として排卵がうまく起こらなかったり
不妊の原因になってしまうんですね。

 

 

これらのホルモンは脳の中にある視床下部という
場所から脳の下垂体に

 

 

「ホルモンを分泌してね」

 

 

という指令が出ます。

 

 

視床下部からの命令が下垂体へ伝わり、
そして卵巣へと伝達されていきます。

 

 

つまり、生理や排卵、妊娠などを
コントロールしている大事な器官なんですね。


スポンサーリンク

 

 

ところが、この視床下部は、
ストレスなどで影響を受けやすく

 
働きが鈍ることがあるんです。

 

 

そうなると、下垂体にホルモン分泌を出す
指令が伝わらなくなってしまうんです。

 

 

下垂体では、FSH(卵胞刺激ホルモン)という
卵胞を育てるホルモンとLH(黄体化ホルモン)という

 

 

排卵を起こすホルモンを分泌して、
卵巣がうまく働くように調節しています。

 

 

そして今度は卵巣からは

 
エストロゲンという卵胞ホルモンと
プロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されます。

 

 

治療方法について
内分泌系ホルモンに異常があったと判明した場合、
ホルモンの分泌が不十分でない場合には、

薬で補充することができます。

 
私も服用していましたが、
大きな副作用はありませんでした。

 

 

ただ、ストレスなどを受けて
視床下部からの指令がうまく出ていない、

 

 

その場合には、ストレスを解消させて
視床下部の働きを正常に戻さないといけませんね。

 

 

睡眠不足もダメなようですよ。

 
ストレス無い、楽しい毎日、

よく寝てよく食べて健康な日々をまずは
送ることを先決にしましょうね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧