不妊 肥満 ダイエット

アラフォーの不妊治療~妊娠力アップで赤ちゃんを!~

不妊と肥満、ダイエットは関係あるんですよ

読了までの目安時間:約 6分
スポンサーリンク



肥満体系だからダイエットしなきゃと
張り切りすぎて無理なダイエットをしていませんか?

本当に不妊と肥満、ダイエットって関係あるのか
見ていきましょう。

スポンサーリンク




ダイエットをするとどうして不妊になるの?
ダイエットは直接は不妊には
関係はしていないんですね。

 

 

無理なダイエットをすることで、
支障をきたしてしまう部分があり、
その結果不妊になってしまうということなんです。

 

 

無理なダイエットをするということは、
体重が極端に増減するということですよね。

 

 

この体重の過剰な増減は
脳の視床下部に影響を及ぼすそうですよ。

 

 

視床下部に影響を及ぼすとなぜダメなのか、
それは

 

内分泌系ホルモンが足りない

 

 

に詳しく書いていますので、参照していただきたいのですが、

ホルモンのバランスが崩れてしまうんですね。
そうなると生理周期短くなったり長くなったり、

ダイエットをして生理が来なくなったという
話もよく聞きますよね。

 

 

そして排卵も起こらなくなる無排卵になったりも
するそうです。

 

 

体重減少性無月経といってダイエットで極端に
体重が減ってしまったせいで、生理が無くなってしまう

状態が続くと卵巣が機能しなくなってしまって
いくら強い排卵誘発剤を使って排卵を起こそうとしても

卵巣が反応しなくて排卵ができなくなることも
あるそうです。

 

 

健康にダイエットをして少しずつ体重を減らすなどして
決して過度な無理なダイエットはしないように
しましょうね。

 

 

肥満と不妊は本当に関係があるのか
肥満だとどうして妊娠によくないのでしょうか?

 

 

実は、肥満が原因で多嚢胞性卵巣症候群(PCO)
になることがあるんですね。

 
多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できる?


スポンサーリンク

 

 

上記の記事を読んでいただけたら
多嚢胞性卵巣症候群(PCO)はお分かりになられたと
思うのですが、

 

 

肥満体系の人はなりやすいそうですね。

 

 

また、太っていると糖尿病にもなりやすくなりますよね。
糖尿病の人も多嚢胞性卵巣症候群(PCO)に
なりやすいそうです。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)になると、
排卵がしずらい状態になりますので、
薬で治療をしないといけなくなります。

 

 

なるべくなら自然に妊娠したいですよね。
あまりにも肥満体系ならば、無理をしない程度に

少しダイエットをするといいですね。

 

 

妊娠しやすい体重
ダイエットで体重を過度に減らすのはだめ、
肥満で体重過多でも不妊の原因になる、

 

 

それでは、妊娠に適した体重って何キロくらいなんでしょう?

 

 

標準体重は、その人の身長によって異なってくるので
一概に何キロが妊娠しやすい体重だとは
言えないんですね。

 

 

ですが、良いホルモン分泌環境になる体系というのが
あるんですね。

 

 

BMIってご存知ですか?
健康診断でも出てくる、標準体格を示す指数です。

 

 

BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

 

 

で計算するのですが、検索すると
自動で計算できるサイトがいくつもありますので

ぜひ検索して調べてみてくださいね。

 

 

ホルモン状態が良いとされるBMIは22だそうです。

 

 

BMIが22よりも少なくて痩せすぎてもいけないですし、
多すぎてもダメですよね。

 

 

22前後のBMI値になったからといって
すぐに妊娠というわけではもちろんないですが、

 

 

自分の体系は妊娠を考えた上で
どうなんだろうと思うときには
参考の数値になりますよね。

 

 

ちなみに、私は最近ちょっと痩せてしまったので
22を下回って痩せすぎとでてしまいました。

 

 

少し前までは24くらいあって理想的な数値だったんですけどね。
もう少し太らないといけないですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


今日は何位でしょうか?
↓クリック応援、ありがとうございます↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧